心と身体の関係

精神的な不調は身体から表れることも多いです。

腹痛、下痢、頭痛などなど。

おかしいなと思って病院に行って検査をしても異常はないと診断されて、一般的な風邪薬を処方されるも改善が見られない。

良くあることです。

日々の生活に忙殺されてしまい、身体の異変から精神的なバランスを崩していることを発見することは難しいかもしれません。

ただ、この時期にしっかりとケアが出来ていれば、精神疾患を患うことを大幅に減らすことが出来ます。

この段階では医療機関でもしっかりとした対処を提示出来ない場合も多いので、セルフケアがより必要になってくると思います。

実際に行うこととしては、入浴の際にでも良いのですが、身体の感覚をしっかり感じ取ってみる。足首から、膝、太もも、お腹と各部分に意識をむけてみる。

いろいろな感覚が出てくると思いますがただ感じ取ってみる。

その中で嫌な感覚や、違和感を感じたら、それはサインです。

軽視せず、しっかり休息を自身に与えて下さい。

一番良いのは、一番好きなこと、笑えることをする

単純なことですが、この単純なことを軽視するから、心身の不調を訴える方が多いのです。

根性論などもはや必要ないので、パフォーマンスを高めるためにもご自身の身体と心に関心を向けてみて下さい。

ちょっとおかしいかな?と感じたら、放置せずお気軽のご相談下さい。

無料での面談も行っています。お申し込みは以下よりお願い致します。

 

 

“心と身体の関係” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です