幻聴と幻覚は本当に辛い症状です。自覚することから一歩ずつ始めましょう

罵倒の言葉や、聞くに堪えない言葉、物音すらも人の怒鳴り声に聞こえたり。

時にはリストカットをしろ、大量服薬をしろと命令系の声が聞こえたり。

恐ろしい形相をした人がこちらをずっと睨んでいたり、いるはずのない子供がこちらをじーっと眺めていたり。

幻聴と幻覚の症状として実際に訴えのあった内容です。

幻覚や幻聴は他の人には見えないし、聞こえない、その人独自のものです。

ただ、本人からしたら現実のこととして受け止めざるえないぐらいリアリティがある。

苦しいでしょうし辛い症状だと思います。

僕も以前、メーカーさんの用意して下さったキットで幻聴の疑似体験を経験させて頂いたことがあります。

イヤホンをしてパソコンの画面を見ているのですが、画面上では喫茶店に自分(に見立てたキャラクター)が入る様なシチュエーションで、店内に入るとマスターとお客さんが話をしています。

自分は少し離れた所で座ります。

するとしばらくしてイヤホンから

「なんだこいつ、おまえみたいな奴がここに来るな」

「死んでしまえ」

「うっとうしい、早く帰れば良いのに」

と罵倒の言葉が次々と聞こえてきます。

もちろん、画面上のマスターとお客さんは2人で話しているだけで、その2人が罵倒を浴びせているわけではありません。

でも、繰り返し罵倒の言葉が続き、最後は自分(に見立てたキャラクター)は

うるさい!

と、机をがんと殴ってお店を後にします。

マスターとお客さんはポカンとした顔でこちらを見ています。

ここで、終了です。

疑似体験であっても、とても辛いことは十分に理解出来ました。

このように、どれだけひどい幻聴や幻覚があっても周囲の人にとっては見えないし、聴こえないので、症状に反応して大声を上げたり、暴れたりしても、それは奇妙な行動に映ってしまうわけです。

本人からしたら耐えられないぐらいの苦しみなのに、周囲からの理解は得られない。難しい問題です。

周囲の方はまず幻聴と幻覚がどういったものか理解をして頂きたいです。

決して何もなく声を上げたり、暴れたりしているわけではなく、ご本人も相当苦しんでいるのです。

では、いま現在、幻聴、幻覚の症状がある方はどのように、こういった症状と付き合っていけば良いかですが、

まずは

「幻聴や幻覚であると自覚すること」が大きな一歩になるかなと思います。

脳の化学物質のバランスが崩れて引き起こされているという認識を持って、現実ではないことをしっかり意識することが重要です。

もちろん簡単なことではありません。

本人にとっては明らかに聴こえているし、視えているのですから。

なので、初めはどういったことが聴こえやすいか、視えやすいかを話し合って、傾向を把握します。

その次に、いつから聴こえるのか、どういった時に聴こえるのかなど(その人の状況や環境によって尋ねる事項は大きく変わります)色々、質問させて頂くのですが、大きな目的としては、聴こえない時があったと理解してもらうことです。

症状によって引き起こされているものなんだと認識を変えるきっかけになります。

また実際に幻聴が聴こえていると訴えている時に、ボイスレコーダーで録音します。しかし再生すると、自分たちの声しか入っていないといません。

このように実際にお互いで確認をして認識が変わっていくようにアシストをすることもあります。

本当に試行錯誤の面もあるのですが、このようにして症状によって引き起こされることが分かってくると(それでも時間を問わず聴こえたり、視えたりするのは辛いと思います)次は、症状とどのように付き合っていくかを話し合います。

経験則ではありますが幻聴、幻覚の症状を無くす(完全に治す)と完璧を目指して進んで行くよりも、その症状が起きた時にどのように対処するかという方針で進む方がより緩和しやすくなると考えています。

症状との付き合い方も本当に人それぞれではありますが、どのようにしたら症状が落ち着くか色々と試しながら話を進めていきます。

今までお話ししてきた方の例をあげると

・部屋の掃除をする

・ひたすら自分の気持ちを吐き出す

・運動、趣味を行う

意外と特別な方法でなくても症状の緩和の手助けになります。

幻聴や幻覚といった症状は統合失調症の方に多く現れます。

統合失調症は薬物療法が基本的な対処法と現在の日本ではなりますが上記のような方法も取り入れることで症状の安定、緩和を手助けしていくことは可能です。

1人では難しい面もあると思いますので、支援者、理解者の方とお話しして取組んで頂けたらと思います。

僕自身も無料の相談は受け付けておりますので、なにかありましたらお気軽にご連絡下さい。お問い合わせは以下よりお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です