その時の気持ちを十分に味わうようにしましょう。

嫌なこと、理不尽なこと、苦しいこと、辛いこと。

たくさんあると思います。

そんなの気にしなくて良いよって言われても、「気にしない」ということが難しいですよね、そのような時は。

もういっそ、その時は今自分がどのように考えているか、感じているかをとことんまで見つめ直してみたら良いと思います。

気持ちがふさぎ込んでいるなら、音楽も映画も敢えて同じような内容のものを選んで聞いて(見て)みる。

辛い時は明るい音楽を聴くと良いと言ったりもしますが、それで改善しない場合も多いんですよね。

無理に気持ちを上向きにしようと思っても上がらないことは多々あります。

なので、下向きなら下向きの気持ちを味わう。その気持ちを受け入れる。

すると、少なくても心と身体のズレは生じにくいです。

心と身体のズレ

が続くと自分が何を感じているかも分からなくなり、ひどくなると気力まで奪われてしまいます。

そういった意味では嫌な気持ちを味わうことは、その時は辛くても、長い目で見ると必要なことだと感じます。

難しいことではありますが、この練習を身につけておけばストレスによる嫌な感情から回復するのも徐々に早くなってきますので、こういった方法もあるんだと、頭の片隅に置いてもらえると嬉しいです。

初めは1人で行うことが難しいかもしれませんので、お気軽にご連絡下さい。

無料での面談も行っていますので、可能な限りお手伝いさせて頂きます。

ご連絡は以下よりお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です