睡眠とうつの関係

うつ病の場合に一番必要なことは

間違いなく

「睡眠」

です。

眠っている際に自己治癒能力が働き、過度のストレスで脳内のバランスが崩れた化学物質などの調整にあたります。

そういった意味で、僕はもし、薬を処方するなら抗うつ薬をいきなり処方するのではなく、睡眠薬や睡眠導入剤から処方した方が(不眠の症状がある場合)良いのでは?と考えます。

人それぞれで個人差もありますが。

うつ病は特に薬物療法だけでなく、精神療法やその他代替療法でも大きな変化がみられる場合が多いですので柔軟に、治療法を考えていければもっと良いのになーと思います。

そのためにも、精神的な不調を感じた際は、色々な方法から自分に合いそうだなと思うものを選んで下さい。

病院という枠組みでは、まだまだ精神療法は軽視されがちですが、全体としてみると最近では徐々に薬物療法以外の方法にも関心と理解が深まっていますので。

ちょっと話がそれましたが、ご自身で何か出来ないかと考えた時は、睡眠が一番重要ですって話でした。

もうイヤ!って思うぐらい眠れば良いんです。

そう感じた時から徐々に回復の兆しが見えてきます。

眠ることがそもそも出来ない、不眠に悩んでいると言う方はお気軽にご相談下さい。

様々な方法がありますので、お話をお聴きして合いそうな方法を提示させて頂きます。

ご連絡は以下よりお願い致します。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です