たった一言で人生が変わることもあるんで

友人、知人の何気ない一言で、ずっと抱えていた悩みから救われたり、気持ちが軽くなったりしたことはありませんか?

一方で、たった一言が尾ひれをつけて嫌な気持ちにさせてしまうこともあるかもしれません。

それだけ「言葉」は大きな影響を私たちに与えます。

では、あなた自身はあなたにどんな言葉をかけていますか?

自分なら出来るなのか、自分には出来ないなのか

自分は幸せな人生だなのか、自分はいつも不幸だなのか

自分は素晴らしいなのか、自分なんて大したことないなのか

周りの人が投げかけてくる言葉でも影響を受けるでしょう。

でも、それ以上に自分が投げかける言葉はとんでもないぐらい自分に影響を与えます。その普段から投げかける言葉が思考になり、現実となっていくんです。

あなたが普段、自分に対して投げかけている言葉は

肯定的ですか?否定的ですか?

一度、振り返ってみて下さい。

お聞きしたことがある方もいるかと思いますが、こんな話があります。

像が逃げないように像の足と、太い木の幹とを鎖で繋いでいたそうです。

もちろん最初は像も力の限り、鎖を引きちぎろうと奮闘します。しかし、どれだけ頑張っても鎖は切れません。そして、とうとう像は諦めてしまいます。すると、なんと鎖を外しても像は逃げようともしなくなります。例え鎖がなくなっても逃げることは出来ないと思い込んでしまうのです。

これと同じことが、否定的な言葉を投げ続けることで起きてしまいます。

思い通りの人生が歩めない

自分には能力がなくて良い職につけない

自分の病は治るわけがない

これって、結局は自分投げかける言葉で大きく変化することは多いです。

奇跡と思える変化だって起こせます。

ザ・シークレットという本には一般的には奇跡のような出来事がたくさん紹介されています。

初めは、誰もいなくても肯定的な言葉を自分にかけることすら難しいぐらい、否定的な言葉に慣れきってしまっているかもしれません。

だったら「ありがとう」で良いんです。

今まで頑張ってくれありがとう

辛い時でも乗り越えてくれてありがとう

生きていてくれてありがとう

他でもない自分に感謝の言葉かけて下さい。

そして抵抗がなくなって来たら、自分に対して肯定的な言葉を投げかけて下さい。

自分から自分への悪口は止めて。

誰に聞かれるわけでもないので、大胆に肯定的な言葉をかけていきましょう。

ご相談のある方は随時受け付けています。

以下よりお気軽にご連絡下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です