統合失調症の病識理解

今日は病識の理解について話をしていきたいと思います。

精神疾患はそれぞれ完全に独立しているものではなく、うつ病でも統合失調症のような症状が現れたり、その逆もあったりします。

そのため診断という意味でも中々難しい面があるのも事実です。

(診断する意味があるのか不思議に思うときもありますが。。)

ただ、ご自身が自分の症状がどのようなものかを理解しようとする姿勢は重要かと思います。

その上で精神疾患全体の病気に対する知識や、薬に対する知識などあった方が良いと考えます。

基本的に患者さんは、少しでも自分の状態を良くしようとする方が多いので、自分の状態を知ろうとする積極的な姿勢がある人もたくさんいます。

素晴らしいと思います。

話を聞くと調べた情報がネガティブなものに偏っている傾向もあるので、両方の情報を平等に集めて客観的に自分の状態を見つめることが出来るように意識出来ればなお良いです。

一方で

私は病気ではないと頑なに否定をされる方もいます。

話に行っても

「調子はいかがですか?」

と聞こうものなら

「私はおかしくないんで、なんでそんなこと聞くんですか」

と苛立ちを見せて中々話が進まない方がいるのも事実です。

結局、その方とは深いところまで話をすることが出来ずに担当を終えてしまいました。

考えるに

精神疾患=恥ずかしいこと、人より劣っている

という考えが強くあったのだと思います。

私は人より劣っていない、恥ずかしい人間じゃない。

精神疾患を持つ人への社会の今までの背景を考えると、そう考えてしまうのもすごく分かるんです。

実際に医療従事者ですら偏見を持って軽んじた対応をしている方もいました。(憤りを感じ、悲しいことではありますが)

しかし、本人自身がそう考えて、病気への理解を示さないと先に進まないのもまた事実です。

現状を受け入れるといいますか。

この感覚は重要です。

僕個人の意見で言えば

・精神疾患を患い自身を卑下する人

・精神疾患を患い改善のために日々努力している人

・精神疾患ではなくて、偏見の目を持つ人

・精神疾患ではなくて、誰に対しても平等な人

全て「人」です

ほんとに当たり前のことなんですが、ただの人です。

なにも変わりなく上も下もありません。

この観点について変に差別意識があるから戦争は起きるし、肌の色の違いぐらいで、住む場所の違いぐらいでいじめが起きたりします。

ほんとに、、しょうもない。

部落差別についての授業が中学の時にありましたが、どう思いますか?

どうでも良いですよね。

昔の出来事を今を生きる人が背負う必要ないと思います。

話が逸れましたが、こういうことなんです。

そもそも。

精神疾患に対して偏見を持っている人が今後、精神疾患を患わない可能性が0なんて確信もありませんよ。

マイノリティーは基本的に誹謗中傷の段階が必ずありますが、もはやマイノリティーではありません。

誰もが患う可能性があるぐらい、一般的になっています。

どの立場であろうと過ごしやすい社会になるのが良いですね。

そのため、まずは自分に精神疾患があることを受け入れた上でどのように、対処、改善していくかを考えていくことが大事かと思います。

卑下する必要は全くないと思います。

なにかご質問などありましたらお気軽にご連絡下さい。

無料での面談は随時受け付けております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です