症状を一旦受け入れる

幻覚、幻聴、妄想、など精神疾患には多くの症状があります。

この病気だからこの症状!

というわけでもなく共通して現れる症状もたくさんあります。

その内容は個人で様々に違いはありますが。

一方で

盗聴されている、監視されている、自分の考えが相手にバレている

といった訴えは多くの方が共通して訴えていました。

共通した訴えがなぜ起こるのか未だに不思議です。

この症状を症状として受け入れる行為が難しく、かつ非常に大事です。

幻覚にしろ幻聴にしろその人しか視えていないし、聴こえないんですね。

そのことを伝えても

「あなたには分からないだけ」

と受け入れて頂けない。

例えば霊能力者と呼ばれる方も大多数の人が視えないモノが視えると言います。

それに対して幻聴、幻覚がある患者さんに対するように、あなたしか視えないし、聴こえないんですよ。

とは言いません。

本人がその状態を受け入れて暮らしているか、あるいはその状態で苦しめられていないか

の違いです。

霊能力者と呼ばれる人は、まずその状態を受け入れています。

真偽のほどなどは分かりませんが今回はそこを言及しません。

しかし幻聴や幻覚の訴えがある人はほぼ例外なく苦しんでいます。

その症状に助けられたという人もいますが、周期のうちのある部分ではという話です。

でしたら、まず症状であることを受け入れる。

自分にしか起きていないことだということを言い聞かせる

本人からしたらリアルな体験でしかないので非常に難しいことだとは思います。

それでも、苦しんでいるのであれば周りには自分と同じような世界は見えてもいないし、聴こえてもいないこと、一歩引いて症状なんだと思うことが出来れば惑わされる度合いが減っていきます。

周りの人はおそらく理解がないわけではないんです。

その症状で苦しんでいるのなら、それが現実ではないということを知って欲しいという思いもあると思います。

苦しさは理解しています。

だからこそ、取り組んでみてください。

なにかご質問がある場合は以下よりお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です